21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 住まいの基礎知識を学ぼう♪
家を建てるならおさえておきたい住まいの基礎知識を一緒に学びましょう
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
住まいの基礎知識
家を建てる際の心得
木造住宅の建築過程
鉄骨住宅の工事過程
ハウスメーカー比較

「建ぺい率」って何?

マイホームを建てる際、どうせなら敷地面積(土地)を最大限に活用して、広いマイホーム(建物)を建てたいと思っている方は多いでしょう。しかし敷地面積を100%使って家を建てることはほとんどの場合できないんです。

なぜなら『建ぺい率』に関する制限を受けるからです。

建ぺい率とは、敷地面積に占める建物面積の割合のことです。建物面積を敷地面積で割ったものが建ぺい率です。つまり建ぺい率とは敷地をどの程度使用して建物が建っているか、またどれだけの空地をとっているかを表しています。

広い家に住みたいからといって全ての人が敷地面積いっぱいに建物を建ててしまったら、家と家の間に隙間が無いすし詰め状態の住宅地ができあがってしまいます。

・・・・・もし

・・・・・・・・そんなところで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・火事が起きたら!

想像するのも恐ろしい大惨事になりますよね(怖っ!)
そこで建ぺい率を地域によって制限し、空地をとることで安全性を確保しているってわけなんです。

この建ぺい率は誰でも簡単に計算でその割合を知ることができます。では具体例を挙げてを建ぺい率を算出してみましょう♪



建ぺい率の計算をしてみよう!

敷地面積が100uの土地に、50uの建物が建つ場合の建ぺい率を求めてみましょう。(下図参照)


建物面積を敷地面積で割ったものが建ぺい率ですから、この場合の建ぺい率は次の式を使って求めることができます。

これが建ぺい率の求め方です。どうです思ったよりも簡単でしょう♪分母に敷地面積を分子に建物面積を入れて計算すれば、建ぺい率を簡単にだすことできます。



マイホームを建てる時にはこの『建ぺい率』という言葉を聞いたり、図面で見たりする機会があるかと思います。建ぺい率のもつ意味と役割をしっかり覚えておきましょうね♪



スカパー!レンタルサービス!!

ハイビジョンで最新映画を楽しもう!WOWOW

安心な暮らしのスタンダード。ホームセキュリティといえば「セコム・ホームセキュリティ」。
サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

住まいの基礎知識 木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較
<< 21stマイホーム建築計画トップ
Copyright (C)  21stマイホーム情報局