21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 ハウスメーカーで家を建てる
憧れのハウスメーカーでマイホームを建てるならまずは情報収集!
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
鉄骨住宅の工事過程

ハウスメーカーを絞り込みましょう!

ハウスメーカーの情報を集めてみて自分にあったハウスメーカーを2〜3社ほど選んだらいよいよその中から自分がマイホーム建設を依頼するメーカーを1社選ばないといけません。

ハウスメーカー選びの大きなポイントの一つに費用が上げられると思います。いったい自分の希望するマイホームはいくらで建てることができるんだろう、それを調べるために行うなのが見積もりです。

今回は自分が選んだハウスメーカー2〜3社のなかから1社を選ばなければならないので『相見積もり』を行って比較検討する方法をご紹介していきます。

相見積もりでメーカーを絞り込もう

相見積もりとは複数者に見積もりを依頼することで比較検討を行うことができる見積もりです。ここで条件を提示していくら費用がかかるのか各メーカーごとに比べてみましょう。またその相見積もりの際の対応などもしっかりしていたかなど比較してみましょう。

相見積もりに必要な情報

各メーカーに依頼する『相見積もり』の条件や要望は同じして依頼しましょう。そうしないと比較しにくくなるからです。相見積もりには希望する予算を提示しましょう。予算の情報がないとメーカー側も見積もりのしようがありませんから、また希望の間取りなどもできるだけ詳細に伝えるようにしておきましょう。

家族構成や自分のライフスタイルをもとにした希望なども伝えておくことでより正確な見積もり予算が算出されます。相見積もりを頼む際には比較するための『相見積もり』であることをはっきりと伝えておきましょう。



分からないところはとにかく質問する

相見積もりには手間も時間もかかります。そのため相見積もりを頼むメーカーは2〜3社ぐらいまでにとどめておくことが大切です。

相見積もりができあがったらまず総工事費用や坪単価のみに注目してしまいがちです。もちろんこれらの情報も大事ですが本当に重要なのはそれらを比較した上での細かな情報であることを忘れないようにしましょう。

独自の工法をとっている場合、使われている材料にも違いがでてきます。それら建材のメリットなどもネットや相見積もりをお願いした営業担当者などに質問して理解しておきましょう。

見積もり書は各メーカーごとにことなっているので分からないことがあったらとにかく質問ぜめにしてでも理解するようにしておきましょう。オプションで設備を追加した場合にはいくらぐらい予算がかわってくるかなど熟知しておきましょう。

スムーズに質問するためにも質問したいことをメモにして一覧表をつくっておくとよいかもしれません。


自分のマイホーム建設の依頼先がきまったら、相見積もりを頼んだ依頼先以外の各メーカーに『ことわりの電話』を早い段階で連絡しましょう。

断りにくいかもしれませんが良く考えた結果なので、誠意をもってしっかりと断りましょう。別に悪いことをしたわけではありません。いつまでも態度をはっきりさせないほうが相手にも迷惑なので、断るときはしっかりと断りましょう。

なんだか告白された時の対処法みたいですね(笑)



スカパー!レンタルサービス!!

ハイビジョンで最新映画を楽しもう!WOWOW

安心な暮らしのスタンダード。ホームセキュリティといえば「セコム・ホームセキュリティ」。
サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画