21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 鉄骨住宅建築過程を説明します
鉄骨住宅で家を建てる方におすすめ、一度参考にしてください♪
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
ハウスメーカー比較

ベランダに水勾配をつける 

ベランダの水勾配 〜ベランダ工事過程〜

雨が時にはベランダには雨水がふりこんできます。べランダが雨で大洪水!そんな恐ろしい事態をひきおこさないために行う工事がベランダの水勾配です。これはベランダの排水口に向かって傾斜を作ることで水を流れを排水口へと集中させ、効率よく雨水を流すというシンプルにして効果的な防止工事なんです!

ベランダ側面にモルタルを塗ります

まず最初はベランダ床付近の側面にモルタルを塗りこんでいきます。作ったベランダの下地の壁表面にモルタルを丁寧に塗りつけていきます。

モルタルより吸着させるための金網です

モルタルがしっかりとベランダ側面にはりつくように、下地に金網をさきにうちつけてあります。

ベランダの下部分の壁にモルタルを塗っています

後はべランダ側面にモルタルを塗っていきます。波がでないよう平面をこころがけます。


ベランダの側面に塗っているモルタルはセメントに砂それに水をまぜて作ります。表面の施工のしやすさから仕上げなどにひろくもちいられます。

この作業が終わるといよいよベランダの床の水勾配を作ります。水勾配がないとベランダに水がたまってします。洗濯物を干しにベランダに出て、足元に水がたまってたら気分が悪いですからね。しっかりと水を排出するためにも水勾配は絶対必要不可欠なものです。

ベランダに水勾配をつけます!

水勾配をつける時は通常、モルタルを何度かにわけて流しこみながら作業をすすめていきます。まずはベランダの床にざっと流し込んだのち、左官さんたちの職人技で微妙な水勾配の傾斜をつけていきます。

ベランダに水勾配がつきました

床にモルタルを流し込み、写真の矢印の方向へ水が流れるように傾斜をつけていきます。

水勾配がつくられた直後はまだモルタルが乾いていないたのでベランダが完全立ち入り禁止区域になります。せっかく作った水勾配に靴の足跡がついたら嫌ですもんね。まぁお客さんの中にはわざと記念に手形をつけたりする人もいたりしますね。

水勾配も無事に完成すればベランダの水が効率よく排水口から外に流れていきますよ、水勾配がきちんとしていれば雨が降った翌日もきっとすがすがしく洗濯物が干せますよ。



サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画