21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 鉄骨住宅建築過程を説明します
鉄骨住宅で家を建てる方におすすめ、一度参考にしてください♪
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
ハウスメーカー比較

断熱作業をして、床を敷きます

スタイロフォームで断熱し、構造用合板を敷きます

一階に大引が完成したら次は断熱材を入れ、床の下地となる合板を貼りつけていきます。ここではスタイロフォームをもちいた断熱作業、そして構造用合板を使った床作りを解説していきます。

床を踏みしめる、その感触を味わうためにも頑張ります!
一階土台についに床が誕生しますよ(笑)

スタイロフォームで断熱工事をする!

床を貼る前にまずは断熱材を大引(おおびき)の間に敷き詰めて断熱を行います。ここではスタイロフォームとよばれる断熱材を使用しています。土台の冷たい空気をスタイロフォームが遮断するので断熱効果は抜群です!

スタイロフォームを敷いて断熱効果を高めます

大引の間にスタイロフォームを詰めていきます。なるべく隙間ができないように注意します。

一階の床全体にスタイロフォームを設置!

一階の床の全面に断熱材のスタイロフォームが敷き詰められました。これで断熱はばっちりです!

一階の床の断熱工事は工務店によっては行わない場合がありますが、スタイロフォームがあるのとないのでは断熱効果に非常に大きな差がでます。やっておくことを推奨します!工事前に床に断熱工事を行うかどうか確認をとっておきましょう。

ただ和室などの場合、最近のものは畳にスタイロフォームが内臓されているので和室の箇所には使用しないことがありますね。

構造用合板を敷いて床を作ろう!

構造用合板と呼ばれる厚い合板を設置しています。部屋そして廊下部分の全てに合板を貼ります。

構造用合板が床に敷かれました!

できました、ついに床の姿を見ることができました!この上にフローリングなどを貼っていくわけです。

構造用合板を貼った床ができると、作業をするための足場が確保されるので一階も本格的に下地づくりなどの作業を行うことができるようになります。鉄骨住宅の場合、一階の基礎はコンクリート土台ができあがるのが大工さんが入ってからになる場合もあるので少し遅れることよくあります。しかしその間に屋根や二階の作業からはじめるのであまり問題はありません。

一階の床のチェックポイントはやはり断熱作業でしょう、断熱作業について不動産屋や工務店に事前に問いあせておきましょう。できれば自分の目で断熱材がしっかり確認しておくと良いでしょう♪



サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画