21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 鉄骨住宅建築過程を説明します
鉄骨住宅で家を建てる方におすすめ、一度参考にしてください♪
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
ハウスメーカー比較

鉄骨住宅の土台・基礎工事

鉄骨住宅の1階土台作り!

マイホームの一番したの部分でしっかりマイホームとそこに住む人たちをささえる使命をおった場所、それが土台です。まさに正真正銘の縁の下の力持ちです。

まずはそんな土台をさらに下で支えている立ち上がり部分の基礎についての施工についても説明したいと思います。

お暇なら聞いてやってくださいな♪

基礎の型枠を組む(立ち上がり部分)

まずはコンクリートを流し込むための型枠を立ち上がり部分の基礎に沿ってたてていくことから始まります。コンクリート型枠用合板とよばれる型枠を基礎になる部分の両サイドの位置に設置していきます。立ち上がり部分の基礎にはコンクリートの強度をあげるために鉄筋が入れらています。

型枠で1階の土台の形をつくろう〜♪

これが一階の土台の基礎を作るための型枠です。これにコンクリートを流し込んで土台をつくるわけですね。


鉄筋を中に入れればコンクリートの強度もア〜ップ!

中には立ち上がり基礎の強度を上げる為に鉄筋ががとうされています。

鉄筋コンクリート用の鉄筋には表面がつるつるしている丸鋼と表面にギザギザとした突起がある異形棒鋼とよばれるものがあります。

基礎にはギザギザがついた異形棒鋼が使われています。それはコンクリートとずれずにしっかりと密着してかたまるというメリットあるわけです。まぁようするに土台のコンクリートに使われる鉄筋はギザギザつきがいいって話なのです。(笑)

そもそもなぜ鉄筋をコンクリートに入れる必要があるのか?それは実はコンクリートは上からの圧力には強いのですが、引っ張る力には弱く横からの衝撃には脆いからなのです。つまり鉄筋をコンクリートに入れることにより横への衝撃にも強くしているわけです。

型枠が組まれている段階なのに中に鉄筋が入っていないなら問題です!コンクリートを流し込まれたら鉄筋が入っているのか確認できません。必ず鉄筋を入れるように現場監督に事前に鉄筋チェックを徹底する念をおしておきましょう。基礎の写真を撮ってもらうと良いでしょう、自分でチェックに行くのが一番確実でしょう。

立ち上がり基礎の型枠工事が終わってからしばらくするとコンクリートが流し込まれていきます。流し込まれたコンクリートが固まると立ち上がり基礎のできあがりです。

基礎の型枠にコンクリートを流し込みます!

土台の型枠にコンクリートを流し込まれました

型枠にコンクリートが流しこまれた様子を写した写真です。後は固まるのを待って型枠をとりさります。

型枠をはずしたら一階土台のできあがり〜〜!!

コンクリートが固まり型枠を取り外されました。これで一階の土台基礎ができあがりました。

最初にコンクリートを流し込んだ状態だと表面がガタガタになっていていますが、最終的にはその表面もきれいな面になるように仕上げ工事あるので安心してください。

注意:もしマイホームの工事を見学に行ったときまだ固まっていないコンクリートをさわらないでください。かたまっていないコンクリートに触ると手の皮膚の表面がとけてしまいます。うっかり転んでコンクリートの中に手をつっこんでだりしたら手ボロボロになりますよ(泣)
もし触ってしまったら手をすぐに洗いましょう!

次は基礎パッキン工法の施工説明です>>



サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画