21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 鉄骨住宅建築過程を説明します
鉄骨住宅で家を建てる方におすすめ、一度参考にしてください♪
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
ハウスメーカー比較

ルーフィング張ろう 〜鉄骨住宅屋根工事〜

ルーフィング工事で防水対策! 〜鉄骨住宅〜

合板をはっただけの段階では実は雨はぜんぜん防げません。もしこの段階で雨が降ったなら合板と合板の隙間、釘を打った場所などからじゃんじゃん雨漏りします。もう現場が水浸しになります(とほほ(T.T))

ルーフィング貼る作業はがマイホームの屋根の雨漏りを防ぐための状況を回避するための屋根工事の第2段階とも言える作業なわけです。

屋根にルーフィングを貼っていきます

ルーフィング工事前の屋根

合板は貼り付けましたがまだルーフィングが貼り付けられていません。

ルーフィング工事が完了した屋根♪

ルーフィングが貼られた屋根です。これで雨が降っても水がもれることがぐっと少なくなります。


そもそもルーフィングって何って思った人もいるでしょう。ルーフィングとはマイホームなどの建物を雨やその他の湿気から守るための防水材のことです。ルーフィングなどの防水材で水からマイホームを守るということは家の傷みを遅くするという非常に重要な作業です。屋根がはりあがったならなるべく早くルーフィングを貼ってもらったほうが良いでしょう。

なぜならこの段階ではその他の建材は屋根のすぐ下に山積みされている場合がほとんどです。雨がふったら濡れてしまいます。まぁ多少の雨に濡れたからといって材料が使い物にならないわけでもないのですがそれでも乾燥しているほうがよいのは確かです。ですから屋根がもうはってあったら電話で不動産屋や工務店、おそれか直接現場に行き現場監督に

『ルーフィングなるべくはやく貼ってくださいね。』

っと言いましょう。それで十分通じます。

カラーベストで仕上げ 〜鉄骨屋根工事〜

ルーフィングも貼りあがったらいよいよ仕上げの作業に入ります。今回はカラーベストと呼ばれる屋根材を貼り付けていきます。カラーベストのメリットとは和風の瓦に比べて安価であり、風や揺れに強いことから台風や地震対策に効果があり現在広く普及している屋根材です。ただデメリットとしては瓦ほど長持ちしないと言う点もあります。ただ瓦だと台風などの場合に飛ばされる恐れもあるのでどちらのほうがお得とはいちがいにはいえませんね。

カラーベストををルーフィングの上からかぶせると屋根のできあがりですね!

ルーフィングの上にカラーベストをかぶせます

カラーベストがルーフィングの上に敷かれています。カラーベストが屋根に貼られると屋根の工事もほぼ完了ですよ。

以上で屋根の施工説明についてです。ちょっとでも参考になったならありがたいです。



サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画