21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 木造軸組住宅建築過程を大公開
マイホームを木造軸組(在来工法)で立てられる方に必見の情報満載!
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
鉄骨住宅の建築過程
ハウスメーカー比較

瓦(カラーベスト)を屋根に葺く(ふく)

屋根にルーフィングが貼られ、防水工事が終了したら次はいよいよ瓦を屋根の上にのせちゃいます!憧れのマイホーム、大切な住まいと家族を雨から守ってくれる屋根が今ここにその姿を現そうとしています。(ドキドキ)

ここではカラーベストと呼ばれるいわゆるスレートの屋根材を使った例をとりあげて説明していきますね。

そもそもカラーベストとは何か?

カラーベストとはそもそもクボタの登録商標で、高圧プレスされたスレートというものに、防水塗料を塗ったものです。カラーベストは通常の日本瓦に比べ安価で、風で飛ばされにくいので屋根材として広く普及しています。

※ちなみに『コロニアル』とはカラーベストのなかで最も標準的に普及している商品で、スレート葺きのことを建築業界では「コロニアル葺き」と呼んだりします。

ごっちゃになりがちなので覚えておきましょう♪

これがカラーベストです。通常の日本瓦よりもかなり薄いですよ。

カラーベストをこんな感じで屋根の上に並べて固定していきます。

屋根の上は高いで危険なうえ日差しをもろに浴びるから暑い、夏場はまさに地獄の作業です!!ルーフィング工事と同じく、カラーベストの取りつけも都市部では専門の屋根業者が作業します。そんな大変な作業を行う屋根のスペシャリストによって住まいの屋根は完成していくんです。

・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・感動した!!(笑)


屋根にカラーベストがしかられると一安心。これで雨の時、少なくとも屋根からの雨漏りを心配する必要はなくなりました。これで安心して職人さん達は残りの作業をすることができちゃいます。

どうだったでしょうか、住まいの屋根ができてまでの流れを説明してみましたが少しでも参考になったらありがたいです。




サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画