21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 木造軸組住宅建築過程を大公開
マイホームを木造軸組(在来工法)で立てられる方に必見の情報満載!
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
鉄骨住宅の建築過程
ハウスメーカー比較

天井にプラスターボードを貼りつけよう!

天井にプラスターボードを貼ろう!

プラスターボード(石膏ボード)が建築現場に運ばれてくると、天井だっていつまでのスカスカの下地だけの状態じゃなくなりますよ。そうです天井にプラスターボードを貼りつけちゃいます!

天井一面がプラスターボードで覆われると建築現場の雰囲気が変わってきます。そうマイホームは着々と完成に近づいています。ここでは天井にプラスターボードを貼る施工過程を注意点とともに説明させてもらいますね。

ではさっそく天井が生まれ変わる瞬間をのぞいてみましょう。天井の内装工事が謎が今ここで明かされる!

天井にプラスターボードを貼りつける施工過程!

プラスターボードを天井に貼りつける際の注意点があります。それはとにかくプラスターボードが天井から剥がれないようにしっかりと固定するってことなんですよ。だからタッカーなどの工具で天井にプラスターボードを貼る際はしっかりボードが天井に吸着するよう、あらかじめボンドを塗っておくと良いですよ♪

プラスターボード貼られる前の天井下地だよ!

こちらがプラスターボードが貼られる前の天井の下地ですよ。これにプラスターボードを貼りつけちゃいます!

ボンドでしっかりプラスターボードを吸着させよう!

プラスターボードがしっかりと天井にくっつくようにボンドを塗っておけばグッジョブ♪

ビスで天井を止める場合はボンドは普通ぬりません。そのかわりビスとビスの間隔をせばめ多めにビスを打っておくことをおすすめします。。そうですね〜、だいたい15cm〜20cm前後の間隔で打ってあれば問題ないと思いますよ。

ではいよいよ天井にプラスターボードを貼りつけちゃいます!

せいっ!プラスターボートを持ち上げ固定します・・・重い

うおりゃ〜!片手でプラスターボードを持ち上げ、素早く釘を打ってプラスターボードを天井に固定します。

プラスターボードを次々に貼りつけちゃいます!

あとは同じ要領で次々に天井にプラスターボードを貼りつけていくだけです。

天井は一枚目のプラスターボードを貼りつけたら、2枚、3枚とプラスターボードを貼り足していき一気に天井を完成させていきます。プラスターボードを貼りつける際は下地にしっかりと釘、またビスを打ちつけていくことが大事!

天井のプラスターボードは固定の仕方が甘いと、完成後に天井が垂れ下がってくることがあります。ですから確実に下地を釘を打ちつけ、何十年すんでも安心の天井を完成させなくてはいけません!う〜んこれは責任重大ですね、頑張らねば!丁寧に丁寧にプラスターボードを貼りつけいきますよ!

天井がプラスターボードで覆われました♪

ついに天井がプラスターボードで覆われましたよ、綺麗に天井を貼ることできました!

あっぱれです(笑)

いかがでしたか、これが天井にプラスターボードを貼りつける施工過程です。何度も注意点として説明しましたが、天井にプラスターボードを貼る際はしっかり固定することが大切だってことを覚えておいてくださいね。♪

極秘情報! 天井は『千鳥張り』で貼る 

ではここで一つ天井のボード貼りについて極秘情報を大公開してしまおうと思います。それはズバリ、天井を貼る際は『千鳥張り』(ちどりばり)で貼るということです。千鳥張りとは継ぎ目をそろえずに貼っていく工法です。詳しくは下の写真で説明したいと思います!

千鳥張りは、継ぎ目がずらしながら貼る工法

千鳥張りで貼った天井です。赤い枠で囲ってある部分はボードの継ぎ目の部分です。

千鳥貼りの貼られ方


図形で表すとこんな形に石膏ボードが連続して貼られています。


上の写真の天井は縦方向に石膏ボードの継ぎ目がそろえてないことが分かるでしょうか?赤い枠で囲っている部分が継ぎ目なのですが、一枚のボードをとびこえて次の継ぎ目ができています。これが千鳥張りです。

では家の天井を『千鳥張り』で貼るメリットについて話たいと思います。千鳥張りで貼るメリットはズバリ!クロス(壁紙)を貼った時に筋が見えにくくなると言うことです。

ボードとボードの継ぎ目にはどうしてもミゾができてしまいます。ボードの継ぎ目を一直線にしてしますと当然のことながら、長いミゾができてしまいます。天井に長いミゾができてしまうとクロス(壁紙)を貼った後にミゾの部分が筋になって見えてしまうことがあるんです。

千鳥張りでボードを貼った天井は継ぎ目が連続しないため、クロスを貼った後も筋がでにくくなるというメリットがあるんです。四畳半ぐらいの小さい部屋ならあまりこだわる必要がありませんが、リビングルームのような広い部屋の場合は天井は『千鳥張り』ではることをおすすめします!

大工さんの内緒の極秘情報ですよ(笑)



サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画