21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 木造軸組住宅建築過程を大公開
マイホームを木造軸組(在来工法)で立てられる方に必見の情報満載!
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
鉄骨住宅の建築過程
ハウスメーカー比較

胴差しや床梁をとりつけていく!

柱が立てられたら本格的に建前の開始です!次はいよいよ2階の床を組み立てる作業にうつります。家の外周部の構造材である胴差し(どうざし)や床を支える為の床梁を組み立てていきます。

建前は木造軸組住宅において最も大掛かりな作業ですが、作業自体は実にスピーディに行われます。家の大きさや大工さんの人数にもよりますが、大抵の場合は建前は1日から2日で終了します。まさに電光石火!

胴差しや床梁の取りつけも
まばたきしてたら見逃しちゃいますよ!(笑)

建前、まずは柱を立てよう!

まずは家の外周部分の骨組みを完成させていきます。家の外周部分(家の胴回り)の柱の上をぐる〜っと周っている構造材のことを胴差し(どうざし)と言います。まずはこれを取りつけていきます。

家の外周部分を胴差を取りつけます。ぐる〜って♪

まずは胴差しを取りつけて、家の外周部分の骨組みを完成させていきます。

胴差は通し柱に突き刺さって固定されます、ブスッ!

胴差しは通し柱と呼ばれる、通し柱と呼ばれる長い柱に突き刺さる形で固定されれます。

今度は床を支える床梁を取りつけましょう!

胴差し(どうざし)がある程度、家の外周に取り付けられてくると今度は家の床を支える為の構造材である床梁(ゆかばり)の取りつける作業が行われます。

床梁を打ち込んでますよ、ガン!ガン!って♪

床梁を打ち込んでいる写真です。この梁が床を支える役割をにないます!

とうとう床となる構造材が全て取りつけられました。床、組み立てたったど〜!(笑)

床の構造材が組み立てられましたが、これで作業作業完了というわけではありません。マイホーム耐震性能を高める為に、胴差しや床梁に羽子板ボルトと呼ばれる接合金物を取りつける作業にうつります。

次の作業は・・・・羽子板ボルトを取り付けろ!>>


サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画