21stマイホーム建築計画 〜家造りの住宅情報サイト〜 木造軸組住宅建築過程を大公開
マイホームを木造軸組(在来工法)で立てられる方に必見の情報満載!
HOME
住まいの投稿写真
お役立ちリンク集
建築用語辞典
快適空間創造SHOP
家を建てる際の心得
住まいの基礎知識
木造住宅建築過程
鉄骨住宅の建築過程
ハウスメーカー比較

断熱工事を説明しますよ!

断熱工事は家の骨組みがほぼ完成してくると行われます。今回は日本の住宅で非常によく用いられる工法である内断熱工法について解説させてもらいますね。内断熱工法は古くからノウハウが普及しているためコストを安くすることができる反面、施工しだいで断熱効果が半減してしまうことも悲しいですが事実です。

ここでは断熱工事の流れから、断熱効果をより高めるためのチェックポイントなど、このサイトを発見したあなただけにこっそりと教えちゃいますよ。では内断熱工法について説明していきますね!

内断熱工法の説明と、断熱工事の作業の流れ!

内断熱工法はまず、防湿・防水シートを家の外周に巻きつけていくことから始めます。なぜならせっかく断熱材を取り付けても、雨が降って断熱材が濡れてしまっては断熱効果が半減してしまうからです!ですから断熱材を取りつける前に防湿・防水シートを家の外周に巻きつけておくのです。

防湿・防水シートが家の外側から、壁にとめられています。これが断熱工事の第一歩なんです。

防湿・防水シートは防水効果だけでなく外気を遮断して冷暖房効率よくする防風効果、室内で発生した湿気を外部に放湿することによって結露対策などにもひと役かっています。いや〜防湿・防水シートって本当にスゴイですね!

断熱材を入れたいけど、まだ防湿・防水シートが貼られていないので断熱材を取り付けられません。

よし!防湿・防水シートが家の外周にはりつけられましたね。これで断熱材の取り付け準備は万全ですよ!

内断熱工法の場合、必ず防湿・防水シートが取りつけられてから断熱材(グラスウール)を取り付けましょう。シートは都市部では専門の外壁業者が行いますが、外壁業者がなかなか防湿・防水シートを貼りに来ないと、しびれをきらして大工さんがシートが貼られる前に断熱材を取り付けてしまうことがあります。

断熱材(グラスウール)が先に取りつけられた場合、雨が降ったら断熱材はびしょ濡れなってしまいます。ですから断熱材は先に設置していたら、施主は雨に対して細心の注意をはらいましょう。というか、必ず防湿・防水シートから先に貼ってもらいましょうね。

現場監督にその点をしっかり念押ししておきましょう!

グラスウールの断熱材を取り付けよう!

防湿・防水シートが家の外周に巻きつけられたら、いよいよ断熱材を取りつけましょう!内断熱工法で使用される断熱材はガラス繊維でできたグラスウールと呼ばれているものを使う場合がほとんです。

これがグラスウールと呼ばれる断熱材です。材質はガラス繊維なので火にも強いですよ!

グラスウールを柱と柱の間に取りつけていきます。隙間をつくらず取り付けることが重要です。

断熱材が設置される場所は外気が接する部分、つまり家の外周部分に取りつけれます。家の外周の壁をぐるっと断熱材で埋め尽くしてくわけです。これにより断熱効果で冷暖房効率よい住まいが完成するというわけなんです。

しか〜し!せっかく断熱材も取りつけ方が雑だと、何度も言いますが断熱効果が半減してしまいます。そ・こ・で!次はより高い断熱効果を得るための断熱材の取り付けについて説明しちぃますね♪

では内断熱工法、グラスウールの取りつけ方を見学>>



サイトについて更新情報サイトマップリンクについてQ&A案内相互リンク募集中

木造住宅建築過程 鉄骨住宅建築過程  家を建てる際の心得 ハウスメーカー比較


<< 21stマイホーム建築計画トップ 上に戻る▲
Copyright (C)  21stマイホーム建築計画